[勝敗予想投票]2019年11月7日(木) WBA(スーパー)/WBA/IBF統一世界バンタム級タイトルマッチ(WBSS決勝戦) 井上 尚弥(WBA/IBFチャンピオン)VS ノニト・ドネア(WBA(スーパー)チャンピオン)







2019年11月7日(木)
WBA(スーパー)/WBA/IBF統一世界バンタム級タイトルマッチ(WBSS決勝戦)
井上 尚弥(WBA/IBFチャンピオン)VS ノニト・ドネア(WBA(スーパー)チャンピオン)

(フジテレビで生中継があります。WOWOWで録画放送があります。NHKのBS-8Kで生中継もあります。DAZNでも放送されます。日本のボクシング界の起爆剤の井上尚弥が、もし負ければ、日本のボクシング人気の低迷も考えられますね。日本のボクシング界のためにも井上に大きな期待がかかっている試合になりますね。)

 


<結果情報>

結果: 井上の明確な判定勝ち(3-0)

 





とにかく、このアリトロフィーを日本人ボクサーが手にする時がくるとは、ボクシングファンとしても感無量ですね。
村田のオリンピック金メダルに相当する偉業であることは間違いありません。

 

 

試合後に、井上尚弥の骨折が判明しました。
ドネアのパンチ力恐るべしですね。



 

井上が圧倒するかも、という予想は、はずれましたね。

ドネアが、井上の攻撃を防御できれば接戦になるのでは、という予想が当たりました。

ドネアは、余裕とまでいかないまでも、井上の攻撃を防御する技術はもっていたので、井上が圧倒することはありませんでした。

 

しかし、緊張の1ラウンドをみて、これは井上尚弥が勝つな、と思いました。

井上の攻撃力が、ドネアに通用していたからです。

 

それが、2ラウンドにドネアの左フックのいいパンチをもらって、井上が出血して形勢があっという間に変わりました。

これは、たぶん井上尚弥の油断ですね。

1ラウンドでこれならいける、と思ってしまったんだと思いますね。

これで、状況がかなり不利になったのと、恐さがでてしまったんだと思いますね。

その後も、TKOできるチャンスがあったのですが、ドネアのカウンターを警戒して詰めができませんでした。

 

判定が不利になるかも、ということで、10ラウンドからアクセルを踏んだのが正解でした。

これで形勢が、ぐっと井上に傾きましたね。

11ラウンドには、最高のレバーブローでダウンをとれましたね。

このときも、TKOできたはずですが、警戒して詰め切れずになってしまいました。

(レフリーのさえぎりと、カウント開始も遅く、へたすると1発KOもできたのですが、不運もありました。)

 

その後も、チャンスでしたが、ジャブでポイントをとる安全策にしましたね。

今後の課題になるでしょうね。

 

まあ、ドネアは、よく知っているボクサーなので、やりにくかったのは間違いないですね。

やはり、井上でもドネアは好きなボクサーの1人でしょうから、ほんとにリスペクトしているんだと思います。

 

井上の底が見えてしまったところもあって、残念な部分もありますが、試合としては、いい試合でしたね。

 

そうはいっても、井上尚弥が4団体統一はできると思いますね。

ネリだけが未知数ですね。

ネリは、井上に負けたロドリゲスとの試合が決まっていますが、ネリが勝ちそうな感じはしますね。

わかりませんが、ネリが負ければ、ネリは陥落で終わりですね。

ロドリゲスが勝って、ウバーリとやって、ロドリゲスが勝つようなら、ロドリゲスと再戦して、井上が負けることはありえませんね。

余裕で、WBCを統一となるでしょうね。
なので、ネリはウバーリとやるでしょうから、楽しみですね(拓真がウバーリに負けで、拓真はトップ前線から陥落ですね)。

どちらが、井上尚弥とやるのか、楽しみです。

 

井上がトップランクと契約のニュースもありますね。

 

井上VSテテが確定でしょう。

テテは、トップランク傘下だったと思うので、WBOの統一ができますね。

テテは、その前に暫定王者のカシメロに勝たないと井上とできないかもしれませんが。

 

たぶん、テテでも、ネリでも、ウバーリでも、ドネアのようなリスペクトと親近感はないはずなので、やりやすいはずですね。

たぶん闘志むき出しでできるので、井上尚弥が圧倒すると思いますね。

おもしろいですよ。

 

 

まだまだ、バンタム級、しばらくおもしろいです。

 

 

スコアは、3者とも井上の勝ち。
しかし、最後の3ラウンド(10、11、12ラウンド)をとらなければ、負ける可能性があったので、圧勝とはいいがたい。
真ん中のパナマ人のジャッジは、5ラウンドに10-8で井上の勝ちにつけていますが、これはやりすぎですね。
2ラウンドも井上につけるのは、どうかと思います。こういうジャッジもよくいますが、やめてもらいたいですね。
きちんと判定して勝てばいいんですからね。そもそもこんなおかしなジャッジをしなくても勝っているんですからね。
116-111
114-113
117-109

 

 

 

 


<予想情報>

両者とも計量をパス。
井上尚弥は、バキバキの体ですね。
やりますよ。

楽しみですね。

予想ですが、難しいですね。

ふつうに考えれば、ドネアは、下り坂の選手、井上は、上り調子の選手、ということで、井上の勝ちということになりますね。

しかし、ドネアは、パンチがありますから、油断して1発もらえば、井上といえど倒される可能性はあるでしょう。

ほんとに、実力差が、どうなのか、やってみないとわからない、おもしろい試合ですね。

 

相対的に考えると、井上が圧倒する可能性が高い、ということになりそうですね。

オマール・ナルバエス戦が、基準になりそうですね。

 

ナルバエスが、下り坂だったとはいえ、あそこまで圧倒して2ラウンドKO勝ちした井上に対して、ドネアは、判定勝ちでしたから、もしかすると、井上が圧倒する可能性もありますね。

 

ナルバエスは、ドネアの攻撃を防御できたわけですが、井上の攻撃は、まったく防御できなかったわけですね。

井上の攻撃力の凄まじさが証明されています。

要は、井上もドネアの攻撃は防御できる可能性が高いわけです。

 

一方、ドネアが、井上の攻撃を防御できるのか、それがわかりません。

 

お互い攻撃力は高いわけですが、ドネアが井上の攻撃を防御できるようだと接戦になるでしょう。

ドネアが、井上の攻撃を防御できなければ、井上の一方的な展開になるでしょう。

 

ドネアがまったく歯がたたない、という結果になるようだと、井上が4団体統一(拓真が残れば、3団体までですが)のスーパーチャンピオンになるのは、確実とみていいと思いますね。

テテあたりでは、相手にならないでしょう。テテの心配はなさそうですね。

 

拓真が、ウーバーリ、ネリを撃破できなかったとしても、尚弥が統一できそうですね。

未知数は、ネリだけでしょう。

もしネリが残るようなら、尚弥の前にドネアとでもやりそうですね。

 

この試合は、今後の井上のボクシング人生にも大きな試合になるのは間違いないですね。

 

逆にドネアに一発で倒されるようなことがあると、それは、井上もスーパーチャンピオンへの道が終わることになりますね。ふつうレベルのチャンピオンだったということになります。

 

井上にとっても大一番の試合で、ほんとに楽しみな試合です。

 

もちろん、試合当日までのコンディション作りも試合の1つですから、そういう運も関係しますね。

そういうものも含めると、ほんとにわかりませんね。

 

予備検診結果ですね。
ドネアの方が身長が5センチ高いですね。リーチはドネアが3センチ長いです。
まあ、体格はほぼ同じぐらいですね。
体格が戦い方に影響することはなさそうですね。

 

井上尚弥の公開練習の動画です。


 

ドネアの公開練習の動画です。

 

井上尚弥の直近の試合は、言わずと知れた、エマヌエル・ロドリゲスとのWBSS準決勝の試合です。
WBA王者の井上とIBF王者のロドリゲスとの統一戦です。
2019年5月18日で、井上の2ラウンドKO勝ちでした。

 

 

ドネアの直近の試合は、WBSS準決勝のステファン・ヤングとの試合です。
WBO王者のテテが、負傷のため欠場で、代役のヤングとやることになりました。
2019年4月27日に、6ラウンドKO勝ちしています。

 

 

試合の予想の動画もいろいろあるようです。
海外ブックメーカーのオッズは、井上尚弥の勝ちで鉄板(ギャンブルの世界で予想結果はかたい、という意味でつかわれる言葉。)になっているということです。

 

 

ドネアと井上尚弥の両方とスパーリングの経験がある赤穂選手の予想動画もあります。
結論は、わからないけどいい試合になることは間違いない、ということで終わっています。
おもしろかったのは、タイプでいうと、ドネアは、柔、井上は、剛、というところ。
井上は、強いというオーラをバシバシだしている。
ドネアは、そういう雰囲気がなくて、やわらかいイメージとのことでした。
北斗の拳でいうと、井上は、ラオウ、ドネアは、トキ、ということでしょうか。
北斗神拳伝承者のケンシロウが一番強いわけで、拳四郎がいちばんということになりますね。笑)
まあ、北斗の拳では、トキは、核兵器の放射能を浴びていて病気になっていたので、ラオウには勝てませんでしたが、トキが病気でなかったら、勝敗はつかなかったんでしょう。もしかして、そのトキの病気が、ドネアには年齢ということになるかもしれませんね。北斗の拳、通りの結果になるんでしょうか。

 

井上尚弥のこれまでの試合写真がみれます。
元ボクサーのフォトグラファーの山口氏のページ。


 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA